結婚式の費用

結婚式をする場合、やはりできればあまり親の援助なく自分たちで行いたいものです。
でもやっぱり結婚式の費用は、大きなネックになるのではないでしょうか。
そこで結婚式の結婚式の相場を知っておきましょう。

まず全国平均の費用総額は333.7万円(招待客は72人)ということになっています。
しかし300万円以上の金額はどのように用意しているのでしょう。
まず2人の貯金を合わせ、少しだけ両親などに援助してもらい、それから招待客のご祝儀をすべて合わせて用意するというカップルがほとんどです。

もちろん個人差があり、自分たちだけでもっと質素だけど手作り感いっぱいの結婚式をしたいと考えている人もいるかも知れません。
しかしアンケートでは、親の援助があったと答えた人は金額に関係なく約60%~89%程度と言われています。

さてでは実際に式場へ支払うのは大体式の1週間前~2週間前となっているので、ご祝儀を当てにしているカップルはとりあえず親に借りるなりして、必要になるお金があることも忘れないようにしましょう。

そして費用をかける場合、自分たちはどこに費用をかけたいか絞ることも必要です。
例えば食事に予算をかけて美味しい結婚式にしたいのか、引き出ものに費用をかけて、喜ばれる結婚式にしたいのか。
全体にリーズナブルに安くしたいのかなど、自分たちの希望をまとめて、それにそった結婚式場を選ぶようにしましょう。

結婚式にも種類がありますが、現在キリスト教式が一番人気があります。
教会で結婚式を行い、近くのレストランを借り切って披露宴をするレストランタイプや、ホテルのチャペルで行ってホテルで披露宴を行うホテルタイプもあります。
またチャペルが付いた結婚式場専門のゲストハウスタイプの結婚式も人気です。

Copyright © 2014 結婚式にかかる費用について All Rights Reserved.